忍者ブログ
kodakusan_button.gif
アメリカ生活・国際結婚・日英バイリンガル教育・ミリタリーワイフ生活・大学生活をサンディエゴ在住の四児の母が綴ります
プロフィール
HN:
ゆみん
性別:
女性
自己紹介:
八歳、六歳、三歳、二歳の四児の母です。
夫は米海軍で料理人。私はミリタリーワイフで学生です。子育てに追われながらも、趣味を楽しむ三十を超えた女です。TX在住一年、サンディエゴ在住暦四年です。
写真、ピアノ、料理、パン作りが好き。
万年貧乏なのでいつかお金持ちになりたいです。

料理ブログもやっていますので是非見てください。
カリフォルニアで簡単クッキング:喫茶ゆみん@サンディエゴ
リンクリスト
バーコード


最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
ランキング
にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

にほんブログ村 写真ブログへ

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

http://file.sandiegomom.blog.shinobi.jp/7981dbf1.png
12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(注)少しネタバレあり。

昨日、「An American Crime」という題名の映画をDVDで見ました。
見終わって一日経ちますが、微妙にブルー。
残酷ですが、終わった後にしばらく考えちゃう映画でした。

512C8AsCQ4L._SL500_AA240_.jpgこれは、1965年のアメリカで実際にあった事件を元に作られた映画で、ある人が言うには「インディアナ州で史上最悪の犯罪」と言われた16歳の女の子への長期に渡る虐待のお話です。

赤ちゃんから17歳まで6人の子持ち(実際には7人だったそうです)の女が、知り合いの娘二人を両親が仕事で街を出ている短期間の間だけ週$20ドルという条件で預かったことから話は始まります。

この女は数回の結婚に失敗し、喘息持ちで病弱なこともあり、生活はかなり苦しかったようです。初めの少女たちの両親からの小切手$20が一日遅れたことから、少しづつ、少女二人への虐待が始まります。

「罰」と称された虐待は、自分の子供六人、さらには近所の子供たちも加わり、集団で少女(お姉ちゃんの方)への虐待が繰り返されたのです。

タバコの火を体にこすりつける、階段から投げ落とす、殴る、針で「I am a prostitute and I am proud of it」なんて文字をお腹に書かれる、、、等、信じられない虐待が、この母親と子供達によってされていたんです。

映画を見終わってから、この事件について少しリサーチしてみましたが、実際には、映画以上の残酷な虐待が長期にわたって繰り返されていたそう。

An American Crime- Wikipedia

この「貧乏人の子沢山」母の状況は、時代も貧乏度も今の私と比べたら全然違うものだけど、子供が沢山いる家で一人で子供を育てていると、普段とは全然違うストレスがどっと押し寄せたり、発狂したくなったり、、。

この母親に全く同情も共感もできませんが、自分が健康でないときに沢山の子供を世話するのって大変なのはよ~く分ります。

私は一年間テキサスで子供四人と過ごした時は、正直言うと、私は普通の状態ではなかった気がします。
私は子供に虐待は絶対しませんが、少しストレスが溜まったり、風邪を引いたりで気分がすぐれないときは不本意に子供達に怒鳴ったりしたことがありました。産後の鬱も重なり、今振り返って見ると、いつも私は怒ってたんじゃないかって思います。

幸いにも、精神的にとても支えとなった友人達に助けられ、Surviveしたって感じです。
もし、あの時一人で家にこもってたら、、って考えるとちょっと怖いかも。

この映画の女は鬱で精神的にもかなりやられていたようです。
でも、鬱って結構簡単になっちゃうものです。
自殺者のほとんどが鬱患者という事実もあるし、本当、鬱になると「普通」じゃ考えられない事をしてしまうものです。

テキサスで、私は「がんばりすぎないこと」を学びました。
友達にも頼りまくりました。そうしていかないと、生きていけないからね。

来年から一年夫がイラクに行く予定です。
日本に帰る選択肢もあったけど、とりあえずはアメリカで頑張ってみる予定です。
もし、頼れる人がいるのなら、申し訳ないけど、甘えさせていただきますので、その時はよろしくお願いします。

全国のミリタリーワイフの皆もがんばってるからね~。私もがんばらんと。
そして、私の周りにもし一人で悩んでたり困った人がいたら、一応「経験者」として、助けてあげれたらと思います。
助け合って生きて生きましょう♪

なんてことをこの映画を見て考えたのでした。

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
No title
4人なんて、えらい~。うらやましいです。私も3人はほしかったんですけど、、3人目不妊って感じでしょうかい。誰からも同情なしでっす。(笑い)サンディエゴ、暮らしやすいって聞きますけど、どうなんでしょうか、、。興味あります。又きますね。
応援です!
ワクワクドキドキさん / 2008/11/14(Fri) / URL
No title
うーん・・興味のある映画です。今度借りてこよう。
ゆみんさん鬱だったんですね。実は自分も2年前にそうでした、そしてその普通では考えられないことをしてしまいました。虐待まではいかないけど、毎日子供に怒鳴り散らして頭おかしくなり、薬のせいで変なことやってしまって死んでしまうところでした。
すぐに精神科行きで、あそこにいるほうが辛くて頑張って明るくしてましたねー今は薬もなくなって平気ですけど、たまに旦那いないときとか正直、鬱になりそうって時があります。そんな時は遊びに誘ってください。ウチも来年はいないんで、一緒に頑張りましょう!
暗い話しになってごめんなさい!!





ナオミさん / 2008/11/14(Fri) /
No title
感動した!ゆみたんかなり表現力アップしてます。本出しましょう。ゆうたん全面的にプロデュースします。ゆうたんゆみたんユニット大成功間違えなし!

それはさておき、この映画何か後味悪そうだなぁ。元気なときに見た方がよさそうね。ゆみたんのテキサス生活は産後でなくてもかなりタフシットだったことだろう。i wish i was there.ほんと、頑張り過ぎないってのはとっても大事よね。人は一人では生きていけません。助け合うっていうと大げさだけど、話をしたり聞いたりしてもらうだけで、すごく救われるよね。ゆうたんは異国の地にいますが、いつもゆみたんの幸せを願ってるし、ゆみたんのことも心から頼りにしてるわ。

ああ、それにしても私達がほんとのネイバーになるのはいつの話なのかしら。もう!



ゆうたんさん / 2008/11/14(Fri) /
No title
ワクワクドキドキさん
はじめまして☆コメントありがとうございます。サンディエゴ、はい、住みやすいです。ブックオフとダイソーができたので、日本に帰らなくてもいいくらいです。あとで、ブログ、ゆっくり見させてもらいますね。

なおちゃん、
おお、鬱仲間がここにも。私は薬が全然合わなくてすぐ飲まなくなっちゃったんだけど、あの時のトラウマがたまに出てきちゃいますわ。私は家にこもりだすとなかなか出てこれないので、周りの人引きずりだしてもらわないと外出しません。そんな時は私も遊びに出してやってください。

ゆうたん、
国語の先生のゆうたんにお褒めいただいて光栄です。でも私、変な日本語沢山使ってるよね。ネットの記事と新聞はよく読むけど、本は全然読まないヤツなので、常識的なこと書けてるか心配ですわ。
小室さんも捕まったことだし、ゆうたんにプロデュースしてもらって売れっ子になろうかしら。
ネイバーはやっぱり老後じゃない?一緒に老人ホームに入ろうね。
ゆみんさん / 2008/11/15(Sat) / URL
No title
興味ある映画だね、でも怖くてみれないかも。
やっぱりずっとひきずってしまいそうだもん、内容を。
ユミンちゃんは凄いと思うよ。
私なんて二人でも年子だったし自分もすごく若い時にうんだから子供で、
感情的にあたる事がしばしば、
やっぱりいつも怒っている時が多い気がします。
そうなんだよねがんばりすぎ。これが一番の問題な気がする。
そうだよー!周りの人に頼る事って本当に大事。
鬱とは診断されなかったけど、カウンセリングに行っていた事はあるよ。
安定剤も2週間ぐらいかな、飲んでました。
人はみんないつもすれすれだと思うんだー。どう転んでもおかしくないって思ってる。
友達って大きいよね、ミリ妻にはさ!
だっていっつも旦那いないから。
家は今は陸だけど、でもいつもバイトでいない。夜週に1度か2度しか一緒に寝る事が無いぐらい。
でも友達と趣味でナントカ助けられてるもん。
がんばろーおたがい、ほどほどに!
みみさん / 2008/11/15(Sat) /
No title
みみちゃんも薬飲んだ事あったんだねー。皆それぞれ大変なんだ。
運動ってすごく精神的にもいいんだってね。ZUMBAやってたら毎日スッキリしそうだね。私も来年からはジム通いがんばるよ~。Zumbaのクラスもあればいいんだけど、、。
ゆみんさん / 2008/11/15(Sat) / URL
No title
初コメントです☆ちょっと目を覆いながらですが、ぜひこの映画見てみたいです。
私、、、実はウツになりかけました。ちょうど日本から帰ってきて、数週間。以前にウツになって入院してた友達に聞いたら、それウツの症状だよ。って言われました…。どうにか私は一人だったので、気合でなおしましたが。。。
旦那さんが来年イラクで不安かもしれませんが、何かあったらいつでも言って下さいね♪
シノブーさん / 2008/11/16(Sun) /
No title
シノブーさん、
初コメありがとう!
私も目を覆いながら見ました。でも分りやすい映画でもあるので、是非是非みてください。
鬱って結構身近にあるものなんですね。気合で治したなんてすごい!私は良くなってからはそのまま放置ですが、鬱ってなってしまったらしつこく再発するものらしいので注意しようと思います。
何かあったらヨロシクお願いします♪
ゆみんさん / 2008/11/16(Sun) / URL
Trackback URL
Copyright c アメリカ子育て日記:カリフォルニアで貧乏人の子沢山 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]